一般

立木茂雄

たつきしげお

社会福祉学者、同志社大学教授。1955年10月19日兵庫県生まれ。1978年関西学院大学社会学部卒業。80年大学院社会学修士課程修了、1982年トロント大学ソーシャルワーク大学院修士(MSW)課程修了。85年同博士後期課程単位修得、94年同課程修了、Ph.D.。1986年関西学院大学社会学部専任講師、助教授、教授。2001年同志社大学文学部教授、社会学部教授。専門は福祉防災学、家族研究、市民社会論。

著書

  • 『家族システムの理論的・実証的研究 オルソンの円環モデル妥当性の検討』川島書店 1999
  • 災害復興社会学』萌書房 2016

共編著

翻訳

  • ドリス・P.ジマーマン『民主主義の文法 市民社会組織のためのロバート議事規則入門』監訳 萌書房 2002