スマートフォン用の表示で見る

劉表

一般

劉表

りゅうひょう

後漢時代の君主。字は景升(142-208)。かつて放浪の旅をしていた劉備らを迎え入れた。

海賊だった甘寧仕官させたこともあった。

後の「髀肉の嘆」という故事は、劉表の下で食事をしていた際に、中座し厠に向かった

ことから生まれたとされる。(劉備の項目を参考)

リスト::三国志関連