スマートフォン用の表示で見る

劉封

社会

劉封

りゅうほう

中国後漢の人物(生年不明 - 220年?)。劉備の養子。子に劉林。『三国志』に伝がある。

羅侯国の寇氏の末裔。長沙の劉氏の甥で、劉備の養子となった。劉備益州入りに随行する。その頃は20歳ぐらいであった。

劉備漢中を攻撃する一方で、219年?荊州北部の上庸?方面に孟達派遣して切り取らせ、さらに劉封を援軍として送っている。

同年に荊州関羽が北上し曹操の部将の曹仁を攻撃したとき、援軍を求められたが、統治が不安定であったため断った。関羽が敗死すると、劉封孟達と共に劉備に恨まれるようになった。また、劉封孟達との間にも対立が生じていた。

魏(曹魏)に裏切った孟達が夏侯尚?徐晃らと共に上庸に攻め寄せてくると、孟達に手紙で離反をそそのかされるもかたくなに断り、義父・劉備への忠誠を示したが敗北する。成都に逃げ帰るが、関羽を救援しなかった罪と孟達を離反させた罪を糾弾され、劉封が将来の害になるのではとする諸葛亮の勧めもあり、劉備は涙を流して劉封に自害を命じた。

三国志演義』にも登場し、新野時代から劉備の養子となっている。漢中での戦いでは曹操の子の曹彰と一騎打ちをした。

リスト::三国志関連