スマートフォン用の表示で見る

流通革命

一般

流通革命

りゅうつうかくめい

生産と消費に介在する流通システムに革命的な変化をもたらすこと。日本では大量生産・大量消費時代の始まりだった岩戸景気1958年6月〜1961年12月)のころに登場した総合スーパーマーケットによる豊富な品ぞろえと大幅な値引き販売で顧客を集め始める手法のことを「流通革命」と呼んでいた。他にも、新しい小売業態の登場などもマスコミが取り上げる時は「流通革命」だと紹介する。