総武流山電鉄 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

流鉄

りゅうてつ

[英] Ryutetsu Co., Ltd.

流鉄株式会社は、JR東日本常磐線馬橋駅松戸市)と流山駅流山市)間の「流山線」を運行している鉄道事業者

旧称は総武流山電鉄

唯一の路線である流山線は全長5.7kmと非常にコンパクトな路線。地元や一部では古くから流電、流鉄と呼ばれ親しまれてきた。

流山市の中心街から、常磐線へ出る流動を支えている。

常磐沿線・千葉県松戸から、流山市役所・流山市文化会館へ移動する際は、常磐緩行線馬橋駅からこの鉄道を使い、終点の流山駅を使うのが一番利用しやすい。

つくばエクスプレスは、この鉄道鰭ヶ崎駅平和台駅間を地下で交差するが、接続駅はない。

長らく公式ホームページの存在しない唯一の鉄道事業者だったが、2013年3月21日に公式サイトを開設した。

路線案内

全長5.7km 1067mm軌間・直流1500V電化の規格の路線。

流山線

車両について

車両は1979年の導入車両以降、西武鉄道譲渡車両を使用している。

また、同時期から車体色が編成毎に異なり、編成愛称が付いているのが珍しい特徴で、常磐線の車窓からも目立つ。

車体色と愛称は以下の通り。

現役車両

現在運行中の5000形車両は、元西武101系(新101系)で、流山線の合理化の一環として、終日ワンマン運転とするために2両編成を譲り受けた。

流馬水色地・N字形白帯
流星橙色地・N字形白帯
あかぎ臙脂色地・N字形白帯
若葉黄緑地・N字形白帯

過去車両

明星鈍いオレンジに白帯
銀河銀にオレンジ帯
なの花(旧バージョン)黄色に緑帯
青空濃い青に白帯
なの花濃い黄色に黄緑帯

主要株主*1

  • (株)ティー・ジー・シー 39.50%
  • 東京観光(株) 24.65%
  • 妙高観光開発(株) 14.08%
  • (株)オーイ 7.37%
  • 城西産業(株) 6.71%

*12011年3月31日時点