スマートフォン用の表示で見る

琉球王朝

一般

琉球王朝

りゅうきゅうおうちょう

 14世紀から16世紀にかけて、沖縄島が北山、中山、南山の首長(按司)により分治されていたが、中山の尚巴志が統一し、1430年に明へ琉球国家統一を報告し当時の洪武帝より「尚姓」を送られ、琉球王朝が誕生。

 その後薩摩藩の支配を経て、1879年に琉球処分により沖縄県が誕生するまで続く。