スマートフォン用の表示で見る

留魂録

読書

留魂録

りゅうこんろく

安政の大獄で、刑死間際の吉田松陰が、弟子たちに宛て、血もしたたる思いで書いた遺言状。この文書は2部作成されたが、そのうちの1部を弟子たちが読み、明治維新の成立におおく寄与した。