留守居

社会

留守居

るすい

日本の室町時代頃から江戸時代にかけてあった職名の1つ。主君不在時の城中留守警備や公務連絡などを行っていた。