スマートフォン用の表示で見る

隆慶一郎

読書

隆慶一郎

りゅうけいいちろう

脚本家作家

1923年(大正12年)9月30日、生まれ。1989年(平成元年)11月4日、死去。

東京都出身。本名・池田一朗

東京大学文学部文学科卒。卒業後は大学の先輩にあたる小林秀雄が重役を勤める出版社「創元社」の編集者、大学助教授などを経てシナリオライターの道につき、「池田一朗」名義で数多くの時代劇の脚本を書く*11984年に「吉原御免状」で作家活動のデビューを飾った。

網野民俗学の成果を取り込んだ意欲的な作風で知られ、没後も今なお多くのファンを有する。

また、作家活動期間が短かったため、近年の作家にしては多数の未完作品を残している。*2

*1:「にあんちゃん」で有名

*2:例として「死ぬことと見つけたり」「花と火の帝」など。前者は数多くのシノプシスが残されているため、その後の作品の展開をある程度追う事ができる。

*3原哲夫花の慶次」原作