竜王戦

ゲーム

竜王戦

りゅうおうせん

竜王戦は、将棋棋戦の七大タイトルの一つ。主催は読売新聞社

1986年まで行われていた十段戦を発展解消する形で1987年に創設*1

プロ棋士、女流棋士、アマチュアにも門戸が開かれている、唯一のタイトル戦である。

優勝賞金は4320万円、タイトル戦の敗者への賞金も1590万円と棋戦として最高額を誇る。

竜王位を失冠してしまった際、他のタイトルを保持していない場合には、1年間の間「前竜王」と呼称される*2

予選

1〜6組のランキングに分けられており、各組でトーナメントが行われる。各組ともに昇級・降級により毎年4人が入れ替わる。

ランキング3〜6組の優勝者、2組の優勝者と2位、1組の優勝者から5位の11人が決勝トーナメントに進出し挑戦者を決定する。なお、挑戦者決定戦は3番勝負で行われる。

タイトル戦

開催時期

10〜12月

対局ルール

2日制、持ち時間各8時間、7番勝負。

昇段規定

  • 竜王二期で九段へ昇段。
  • 竜王一期で八段へ昇段。
  • 1組昇級で七段へ昇段。
  • 2組昇級で六段へ昇段。
  • タイトル戦に挑戦で七段に昇段。
  • ランキング戦連続2回昇級、または通算3回優勝でひとつ昇段(七段まで)。

将棋七大タイトル戦

名人戦 王位戦 王座戦 棋王戦 王将戦 棋聖戦

*1十段戦の前身にあたる九段戦も含めると名人戦に次ぐ歴史を持つ

*2:他のタイトルにおいては用いられない