龍谷大学付属平安 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

龍谷大学付属平安中学校・高等学校

りゅうこくだいがくふぞくへいあんちゅうがっこうこうとうがっこう

京都府京都市下京区にある龍谷大学付属の私立の中学校・高等学校略称は「龍谷大平安」。

運営は学校法人平安学園龍谷総合学園加盟校。

中学・高校の6ヵ年中高一貫教育を実施している。


沿革

1876年滋賀県彦根市で、浄土真宗本願寺派寺院の子弟を教育するための学校「金亀教校」が創設される。その後、金亀仏教中学、第三仏教中学と名を改める。

1909年親鸞聖人の650回大遠忌を記念して京都市下京区に移転。

1910年、旧制平安中学校に改称。

1947年学制改革により新制平安中学校開設。

1948年、新制平安高等学校開設。

1951年私立学校法により学校法人平安学園設立

2003年、男子校から男女共学となる。

2008年、平安中学校・高等学校から龍谷大学付属平安中学校・高等学校に校名を変更。

部活動

硬式野球部甲子園大会最多出場を誇る高校野球の名門。2014年4月現在、選抜高等学校野球大会に38回、全国高等学校野球選手権大会に32回出場。夏の選手権では、1938年、1951年1956年の3回優勝を成し遂げている。春のセンバツでは30回以上の出場を果たすもベスト4が最高成績という状況だったが、2014年第86回選抜高等学校野球大会で出場38回目にして初優勝を果たした。

軟式野球部、軟式庭球部、ゴルフ部フェンシング部、柔道部なども強豪。

出身者には衣笠祥雄桧山進次郎赤松真人炭谷銀仁朗銀仁朗)、平塚哲二、太田雄貴らがいる。