旅客自動車運送事業運輸規則

社会

旅客自動車運送事業運輸規則

りょかくじどうしゃうんそうじぎょううんゆきそく

日本の省令

(昭和三十一年八月一日運輸省令第四十四号)*1

道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第十三条第二項、第十五条、第二十六条第二項、第二十九条第一項、第三十条及び第九十五条の規定に基き、自動車運送事業等運輸規則を次のように定める。


第一章 総則

(目的)

第一条
この省令は、旅客自動車運送事業の適正な運営を確保することにより、輸送の安全及び旅客の利便を図ることを目的とする。

(一般準則)

第二条
旅客自動車運送事業者(旅客自動車運送事業を経営する者をいう。以下同じ。)は、安全、確実かつ迅速に運輸を遂行するように努めなければならない。

 旅客自動車運送事業者は、旅客又は公衆に対して、公平かつ懇切な取扱いをしなければならない。

 旅客自動車運送事業者は、従業員に対し、輸送の安全及び旅客の利便を確保するため誠実に職務を遂行するように指導監督するとともに、当該指導監督を効果的かつ適切に行うため、必要な措置を講じなければならない。

 旅客自動車運送事業者の従業員は、その職務従事する場合は、輸送の安全及び旅客の利便を確保することに努めなければならない。

(輸送の安全)

第二条の二
旅客自動車運送事業者は、経営の責任者の責務を定めることその他の国土交通大臣告示で定める措置を講ずることにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めなければならない。

苦情処理

第三条
旅客自動車運送事業者は、旅客に対する取扱いその他運輸に関して苦情を申し出た者に対して、遅滞なく、弁明しなければならない。ただし、氏名及び住所を明らかにしない者に対しては、この限りでない。

 旅客自動車運送事業者は、前項の苦情の申出を受け付けた場合には、次に掲げる事項を営業所ごとに記録し、かつ、その記録を整理して一年間保存しなければならない。

   苦情の内容

   原因究明の結果

   苦情に対する弁明の内容

   改善措置

   苦情処理を担当した者


他の章、省略

*1:最終改正:平成二六年一月二四日国土交通省令第七号