スマートフォン用の表示で見る

了子

アニメ

了子

りょーこ

アニメZEGAPAIN-ゼーガペイン-」に登場するキャラクター。本名「守凪了子(カミナギ・リョーコ)」。主人公「十凍 京(ソゴル・キョウ)」の幼馴染。「三崎 紫雫乃(ミサキ・シズノ)」とは、ヒロインを二分する立場だが、健気さ、可愛らしさを取っても“守凪 了子”の方に定評がある。


彼女は、戦闘メカ“ゼーガペイン”の戦闘職“ガンナー”のサポート職“ウィザード”、その中でも“ガンナー”と以心伝心でデータリンクが可能な職“ウィッチ”に覚醒するも、第13話で“十凍 京”との初オペレーション時に、宿敵“ガルズオルム”による不意の急襲を受け、強制帰艦を余儀なくされ、幻体データを味方の母艦“戦艦オケアノス”に転送の際、転送事故に遭ってしまい、幻体データを消失(ロスト)、死亡したかと思われたが、第14話で転送事故当時に搭乗していたゼーガペイン内部の端末に、リョーコ自身の幻体データの圧縮ファイルが残っていることを、損傷したゼーガペインの修復を行っていた「三崎 紫雫乃(ミサキ・シズノ)」が発見。圧縮ファイルを解凍・復元する事で生存の希望が生まれた。

“守凪 了子”が生きていることに、“十凍 京”達も歓喜したが、完全復活には至っておらず、復活した彼女が、またすぐにウィッチとしての戦力を見出せるかは不明である(編集時、現行第15話の為)

第16話で完全復活と思われたが、幻体データの破損状況が予想以上に酷かった為、通常の生活空間である“舞浜サーバー”では昏睡状態になってしまい、寝たきりとなってしまったが、戦闘時の“ゼーガペイン”内部でのみ幻体としての通常活動(サポート等)が可能という状態になってしまった。

第17話にて、母艦“戦艦オケアノス”に侵入した“ガルズオルム”の“復元者”「シン」と遭遇、「何故、お前達は戦おうとする?」との問いに対し、“守凪 了子”は「失いたくないから」「守りたいから」「私にとってかけがえのないものを」と答える。その答えに好感を持ったのか、“シン”は「お前、良い奴だから、“これ”をあげるわ」と言い、彼女の幻体の胸部(心臓部?)に手を当て“何か”を埋め込み、幻体データの欠損部分を修復する。その事により、“舞浜サーバー”内で昏睡状態であった彼女は覚醒し、通常活動も可能となる。しかし、覚醒前の目の色が、黒(茶)系だったのが、覚醒後は金(黄)色になっている辺り、今後の展開に対する“伏線”的なものが伺える。

データの欠損部分を“シン”に修復して貰い、完全復活を遂げたかに見えた“守凪 了子”だが、第18話で、データ欠損部分は完全に修復をされているにも係わらず、感情データのみ幻体データの方に留まっている事が判明。その為、“舞浜サーバー”内の彼女は、感情の起伏が欠しい状態となってしまった。

余談だが、2chアニメ板では「棒子」と愛称されている。理由は「守凪了子」の中の人(声優)の演技が、棒読みの素人風に聞こえる為。

CV:花澤香菜