スマートフォン用の表示で見る

両部神道

一般

両部神道

りょうぶしんとう

日本の仏教真言密教の立場からなされた神道解釈に基づく神仏習合思想のこと。密教では、宇宙は大日如来の顕現であるとされ、それは大日如来を中心にした金剛界曼陀羅と胎蔵曼陀羅の儀規として表現されている。この金剛界と胎蔵界の両部の曼陀羅に描かれた仏菩薩を本地とし、日本の神々をその垂迹として解釈した思想である。