スマートフォン用の表示で見る

凌遅刑

一般

凌遅刑

りょうちけい

 清の時代まで中国で行われた処刑の方法のひとつ。生身の人間の肉を少しづつ切り落とし、長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑。歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。

 この刑は「残虐である」として何度か廃止が建議されてきたが、完全に廃止されたのは1905年である。こちらの処刑を実際に行われた当時の中国の写真が現存している。