梁川星巌

梁川星巌

(読書)
やながわせいがん

日本の江戸時代後期の漢詩人。美濃国出身。
梅田雲浜や頼三樹三郎、吉田松陰、橋本左内らと交流があったため、安政の大獄の捕縛対象者となったが、その直前にコレラにより死亡した。

新着ブログ: 梁川星巌