スマートフォン用の表示で見る

緑の雇用

一般

緑の雇用

みどりのこよう

緑の雇用」事業とは正式には「緑の雇用担い手育成対策」事業といい、「森林の担い手」を目指す人たちを育成することが目的の国の事業で、林野庁が管轄。

木村良樹・和歌山県前知事の提唱で始まったもので、雇用創出、森林整備の担い手の確保、過疎の進む中山間地域の活性化の一石三鳥を狙った政策だとか。

現代の棄民政策だという評価も一部ではある。

http://www.ringyou.net/