スマートフォン用の表示で見る

緑の光線

映画

緑の光線

みどりのこうせん

Le Rayon Vert

1986年のフランス映画

 監督はエリック・ロメール

 撮影はソフィ・マンティニュー?

 主演はマリー・リヴィエール?

 ロメールの「喜劇と箴言劇集」第5作。

 ヴェネツィア映画祭金獅子賞受賞。

 パリジャンの誰もが旅に出る夏休みに、どこへ行っても孤独に陥る女主人公が新たな恋人を見つけるまでをエッセイ風に描く。

 少人数の女性スタッフにより、ほぼ即興的に撮影され、記録映画に近いリアリティがある。