スマートフォン用の表示で見る

林屋永吉

社会

林屋永吉

はやしやえいきち

外交官。(1919年10月4日-2016年5月18日)

京都府宇治市生まれ。兄は林屋辰三郎。大阪外国語学校(現大阪大学外国語学部)スペイン語学科卒業後、1941-44年外務省留学生としてスペインサラマンカ大学に学ぶ。44年外務書記生となるが、45年スペインが日本と断交し抑留、46年帰国。52年外交官補としてメキシコ駐在、オクタビオ・パスと親しくなる。駐ボリビア、駐スペイン大使を務めた。オクタビオ・パスと共に『奥の細道』をスペイン語に訳した。

翻訳