林木育種センター

サイエンス

林木育種センター

りんぼくいくしゅせんたー

国立研究開発法人 森林総合研究所 林木育種センター林野庁系。1957年から全国各地に設置された林木育種場がその起源。1991年に各地の林木育種場を内部組織として林木育種センターを設置し、1995年には本部を水戸市から多賀郡十王町(当時)に移転した。なお、今の茨城県庁林木育種センター跡地に建っている。2001年に独立行政法人化された。

林木の新品種の開発と林木遺伝資源の収集・保存、海外に対する林木育種技術協力を業務としている。

2005年に花粉をつけないスギを開発したと発表した。

2007年、森林総合研究所と統合。