輪廻転生

一般

輪廻転生

りんねてんせい

人間(あるいは、すべての生命は)、死んだ後、また、別の人間(あるいは別の生き物)に生まれ変わる、という思想。

元来はインドバラモン教の思想であるが、仏教もその考えを受け継いでいる。

ギリシャピタゴラスの学団も、同じような思想を持っていた。

また、近年の「ニューエイジ」思想も、この思想を採用するものが多い。