輪転印刷機

一般

輪転印刷機

りんてんいんさつき

版を円筒に巻き付け、これと紙とを円筒で押し付け印刷する形式の機械。版は凸版(普通は鉛版)、平版、凹版(グラビア)いずれでもよい。平版の場合はゴム布(ゴムブランケット)を巻き付けた円筒を1本追加してオフセット輪転機とする。紙は枚葉紙の場合もあるが、一般にウエブ(巻取紙)を用いる。ほかの印刷機械に比べて高速であり、版胴の回転数は毎分数百回である。印刷された紙は、壁紙や包装紙のように連続模様の場合は再度巻き取ってしまうこともあるが、新聞や雑誌を印刷するときは適当な長さと幅に切って折り、四つ折、八つ折の形で排出する。