輪島大士

スポーツ

輪島大士

わじまひろし

第54代横綱。本名・輪島博。

1948年昭和23年)1月11日、生まれ。2018年平成30年)10月8日、死去。

学生相撲*1出身初の横綱で、横綱になっても本名を四股名にしていたのは彼のみ。元プロボクサーの輪島功一は従兄弟。

1970年昭和45年初場所幕下付け出し初土俵

1970年昭和45年夏場所十両昇進。

1971年昭和46年初場所、新入幕。

1972年昭和47年九州場所大関昇進。博から大士に改名。

1973年昭和48年夏場所横綱昇進

1981年(昭和56年)3月、力士引退。通算成績673勝234敗85休、幕内最高優勝14回、殊勲賞3回、敢闘賞2回。

引退後は年寄花籠を襲名し、部屋を継ぐが年寄名跡のトラブルから1986年(昭和61年)廃業し、全日本プロレスに参戦。

1988年(昭和63年)のプロレス引退後、相撲解説と並行し、日本テレビ系「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」に出演し、タレントとしての活躍も見せた。その後、社会人アメリカンフットボールXリーグ学生援護会ROCBULL総監督に就任した。


リスト::プロレスラー

リスト::大相撲力士