エアコン病 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

サイエンス

冷房病

れいぼうびょう

冷房の当たり過ぎが原因で発生する体の不調の総称。正式な病名ではない。

エアコン病クーラー病と言われることも。

原因

体の冷やしすぎ、または、室内と外気との気温差に体がついていけなくなり自律神経機能が狂うことによって起こる。


症状

体の冷え、倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、肩こり、手足のむくみ、不眠、下痢、神経痛、生理不順 等

対策

事前

  • 冷房の温度を下げすぎない
    • 外気温との差は5℃以内が理想
  • 体を冷やしすぎないように衣類の調節をする
    • カーディガン、靴下、ひざ掛け など
  • 普段から汗をかき、体温調整をスムーズに行える体作り
  • 規則正しい生活を心がけ、日頃から自律神経の安定をはかる

事後

  • 血行を促す
    • ぬるめの湯で半身浴をする
    • ストレッチ等、運動を行う