鈴木健想

スポーツ

鈴木健想

すずきけんぞう

プロレスラー

1974年7月25日、愛知県生まれ。

明治大学ラグビー部出身。

大学卒業後、東海テレビ放送に就職。営業マンとして勤務。

2000年新日本プロレスでデビュー。

2003年WJプロレスに移籍。

WJが崩壊したため、新天地を求め同年10月米国WWEのセレクションに合格し、WWE入団。

その後、スマックダウンのスーパースター「ケンゾー・スズキ」という名前のヒールとして大活躍。

レネ・デュプリとのタッグで、一時は世界タッグ王者に君臨した。

2005年、解雇

同年11月3日のハッスル・マニアに参戦。和泉元彌と対戦した。

2006年、古巣新日本の1.4東京ドームに参戦。

2月、メキシコCMLLと半年契約を結んだ。

2010年7月、全日本プロレスにVOO-DOO MURDERSの一員として登場、同年8月に初参戦し、リングネームKENSOと改名。同団体と3年契約を結ぶ。

2010年9月、レネ・デュプリとともに世界タッグに挑戦するも敗退。10月には全日本本隊から河野真幸を引き抜き、年末の最強タッグに出場し優勝。

2011年1月、世界タッグ挑戦中に暴走しVMを追放されベビーターン。同年3月、三冠に挑戦するも敗退。6月、グレート・ムタとともに世界タッグ王者決定戦(相手は曙&浜亮太)に勝利。

妻は元アナウンサーでディーバの鈴木浩子


リスト::プロレスラー