スマートフォン用の表示で見る

鈴木秋則

音楽

鈴木秋則

すずきあきのり

作曲・作詞・編曲・キーボード

20歳の頃よりキーボードプレイヤー&マニュピレーターとして活動。

並行してDTMで創り続けたデモテープが知人を通じアクシヴスタッフの元へ。

1998年にセンチメンタルバスとしてエピックレコードよりデビュー。

2000年末に解散した後もhitomiTOKIOへの楽曲提供(作詞・作曲・編曲)をはじめ、

Every Little ThingのライヴステージサポートやSPOOZYSでのバンド活動、

自主制作レーベル「ひらつかレコード」も立ち上げ、その活動は多岐に渡る。