スマートフォン用の表示で見る

鈴木晶

一般

鈴木晶

すずきしょう

肩書き・・・法政大学国際文化学部教授/舞踊評論家/翻訳家精神分析研究者/舞踊史研究者

専門は・・・英仏露を中心とした比較文学文学批評、批評理論、とくに精神分析批評。グリム童話ルイス・キャロルなども研究領域に入る。次に精神分析学。ただし精神分析医ではないし、レイアナリスト(非医師分析家)でもない。精神分析文化史・思想史の視点から研究している。これに関連して、「性」と「愛」「フーゾク」も研究領域に入る。最後に舞踊史、舞踊評論。日本では数少ないバレエ研究者のひとり。舞踊評論家としては「日経新聞」の舞踊評を担当。大学で担当している講義は・・・身体表現論バレエの世界)、異文化と身体表現、映像表現法、映像文化論、国際文化情報学入門、国際文化情報学方法論、表象文化演習。

居場所・・・研究室は市ヶ谷キャンパスのボワソナード・タワー21階。自宅は鎌倉市。家族は、妻が約1名と、娘ひとりと、猫1匹。

所属学会は・・・日本ロシア文学会、日本精神分析学会、舞踊学会(現在、理事)、SDHS(国際舞踊史学会

お友達は・・・内田樹四方田犬彦、他多数。