スマートフォン用の表示で見る

鈴木葉留彦

スポーツ

鈴木葉留彦

すずきはるひこ

70〜80年代のプロ野球選手。現・西武ライオンズスカウト部長。本名「鈴木治彦」。

左投左打、ポジションは内野手背番号は5→51→6番。

1951年7月25日生まれ。埼玉県出身。

大宮高校から早稲田大学に進学し、内野手として活躍。

1974年、ドラフト3位で太平洋クラブライオンズに入団。

1年目より控えの野手として一軍出場。3年目の1976年一塁手の定位置を獲得。

1977年以降、控えの野手として定着。

主に代打の切り札として、ライオンズ黄金時代に貢献した。


1984年、現役引退。

その後、テレビ埼玉野球解説者を務める。


1987年西武ライオンズの二軍コーチに就任。

1993年、フロント入りし、スカウトを務める。

浦田直治の薫陶を受け、敏腕のスカウトに成長。


1998年、西武ライオンズの二軍監督に就任し、現場復帰。


2004年、フロント入り。スカウトに復帰。

2005年、スカウト部長に就任。