スマートフォン用の表示で見る

鈴木利男

スポーツ

鈴木利男

すずきとしお

レーシングドライバー埼玉県出身。1955年3月10日生まれ。


1975年、76年とレーシングカートの全日本王者となり、以降も様々なカテゴリーで活躍。1979年の全日本F3王者、1995年の全日本F3000(最後の)王者、1992年のデイトナ24時間レース総合優勝など、数々の実績を残す。また1993年にはラルースからF1に終盤の2戦スポット参戦し、2戦とも完走を果たしている。


2003年NISMOワークス時代のレース監督であった水野和敏に誘われる形で、日産GT-R(市販車)の開発ドライバーを務めた。

水野氏が「ラップタイム計測」として年度変更の度に出されてたニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムは、鈴木利男ドライブによるものである。

2013年にR35GT-R開発総責任者であった水野和敏氏が日産自動車を退社すると同時に、自身も開発ドライバーの地位から降りる事となった。


現在は埼玉県にて自身のショップ「ノルドリンク」を運営している。