スマートフォン用の表示で見る

霊元天皇

一般

霊元天皇

れいげんてんのう

江戸時代前期の天皇治天の君。諱は識仁(さとひと)。

即位当初は後水尾法皇院政を敷いていたが、法皇崩御すると直接執務を執る。

その後、東山天皇譲位院政を行う。子天皇即位に際し長らく途絶えていた大嘗祭を行った。幕府は「後水尾法皇は例外であり院政は認めない」とするも、上皇は黙殺し院政を始める。皇室再興を掲げることから幕府と対立することも多かった。

後、東山天皇は実権を父に握られていることに不満を持ち始め、近衛基熙幕府の助力を得て親政を始める。しかし東山上皇は子・中御門天皇譲位すると父より早く崩御してしまったため、再び霊元法皇院政が始まるのである。