スマートフォン用の表示で見る

歴史的城塞都市カルカソンヌ

地理

歴史的城塞都市カルカソンヌ

れきしてきじょうさいとしかるかそんぬ

(英名:Historic Fortified City of Carcassonne、仏名:Ville fortifiée historique de Carcassonne

1997年に登録されたフランスの世界遺産文化遺産)。フランス南部ラングドック・ルーション地方オード県の県都カルカソンヌの城壁に囲まれた地区。トゥールーズの南東約90kmのオード川を見下ろす高台にある。紀元前3世紀、ケルト人が建設した砦のある町で、13世紀半ばには隣国のアラゴン王国に対する防衛のため、ルイ9世に?よってローマ時代の城壁の外側に、さらに城壁の建設が始まり、1285年、フィリップ3世?の時代に完成した。17世紀半ばのピレネー条約?によってスペインとの国境が定まると、二重の城壁は不要になり荒れ果てたが、19世紀になって歴史的価値が見直され復旧された。「ラ・シテ」と呼ばれる城壁内には石畳が敷かれ、ロマネスク様式ゴシック様式が混在するサン・ナゼール聖堂やシャトー・コンタル(伯爵の城)などが残り、中世城塞都市の面影を今に伝えていることなどが評価され、世界遺産に登録された。