スマートフォン用の表示で見る

恋愛資本主義

読書

恋愛資本主義

れんあいしほんしゅぎ

本田透の著書「電波男」にて提唱されている概念のひとつ。

現代の日本で常識とされている恋愛の形。

さまざまな解釈が可能であるが、主に

  • 個々人の恋愛行為が、メディア広告代理店の流布する大量のイメージに縛られ、資本の論理に汚染されている状況
  • 純愛物語が、安直な映画・ドラマ・書籍などによって金儲けの道具にされ(娯楽のレベルに落とし込まれ)、逆に恋愛の至高性が失われている状況
  • 「年収○○○万以上でないと」のような、金持ちであることが恋愛の条件になり、愛情とお金(や車・家など)が交換可能になっている状況
  • そもそも愛情などという観念が消え失せ、恋愛・結婚がお金(や車・家など)と顔面の美しさの交換と化している状況
  • 恋愛行為が、他人に相手を見せびらかしたり他人に優越感を持ったりする目的で行われ、他者の欲望を欲望するという契機のもと、資本主義的な差異の体系に(ボードリヤールの意味での「商品」を買うときのように)取り込まれてしまう状況
  • 人を愛するということが、物を買うこと(そのために高い服を買う、出会い系を利用する、クラブに行ってみる、高い車を買う、高い料理を食べる等)と同一の規律として内面化されている状況

などという感じに捉えられている。