恋木神社

一般

恋木神社

こいのきじんじゃ

恋木の「木」は東を意味していて、菅原道真公が太宰府で生涯を終える迄、都の天皇・妻子を思う御心は計りしれなく、その思いやりのある道真公の御心をせめて御霊魂だけは慰めようとして祀られた神社


この恋木神社は、「良縁成就の神様」「幸福の神様」として、若者達に恋愛祈願・良縁祈願で篤く信仰されております。

特に、恋木神社のおみくじは良縁・幸福の「恋みくじ」をはじめ「祈願絵馬」「恋木貝守」などが好評で授与されております。

また、神殿床は伝統ある水田天満宮窯元水田焼の陶板で華麗に敷き詰められ、良縁成就祈願や二人だけの結婚式の名所となっています。