スマートフォン用の表示で見る

練武館

一般

練武館

れんぶかん

日本の幕末期の剣術家の伊庭秀業が江戸下谷に開いた心形刀流の道場。後に玄武館練兵館士学館とともに幕末江戸四大道場と称されるようになった。