連合の会

一般

連合の会

れんごうのかい

日本にかつてあった政党日本労働組合総連合会(連合)を基盤とした中道左派政党である。自由民主党から政権奪取を目的として結成された。1989年の第15回参議院議員通常選挙連合の会候補者日本社会党公明党民社党推薦候補として立候補して11人が当選。非改選の無所属議員だった山田耕三郎(元大津市長)とともに、参議院会派の連合参議院を結成し代表には山田が就いた。 しかし、1992年の第16回参議院議員通常選挙においては連合の会の候補は全員落選。1993年民主改革連合に改称した。