スマートフォン用の表示で見る

連合赤軍

社会

連合赤軍

れんごうせきぐん

連合赤軍は、1971年から1972年まで存在した極左暴力集団である。

1971年日本共産党革命左派神奈川県委員会(合法組織としての京浜安保共闘の名で知られる)と共産主義者同盟赤軍派との合同によって誕生し、軍事組織を標榜した。

組織合同と相前後して、下部メンバーの逃亡や反抗を恐れた幹部の主導により、「共産主義化」「総括援助」「処刑」といった名目で14名がむごたらしく殺されたと認定されている。

1972年、残ったメンバーは「あさま山荘事件」を起こした。

2008年春、若松孝二監督はこれをモチーフとした映画、実録・連合赤軍を公開した。

関係者による回想記等も多く出版されている。