連想入力方式

コンピュータ

連想入力方式

れんそうにゅうりょくほうしき

日本語の漢字(2バイト文字)を入力するときに使用する入力方法。

それぞれに2つの言葉をこじつけのようにくっつけて覚えてしまおうというもの。

たとえば、愛はアモ(アモーレだから)井はイノ(井の中の蛙から)などというように一文字づつ覚えてしまう。

パンチセンターで働くキーパンチャーさんはこの方式で入力してるはず。(ローマ字変換より入力スピードは早くなる)

ちなみに連想式にもいろいろ種類があり、主なのはKISとカンテックである。