連続写像

サイエンス

連続写像

れんぞくしゃぞう

近い点が近い点に写る写像。一般的にはトポロジーが定義された2つの空間(位相空間)X,Yの写像f:X→Yは、Yの任意の開集合のfによる逆像がXの開集合であれば、連続写像と言う。距離空間においてεδ論法同値の定義を与える。


リスト::数学関連