連体形

一般

連体形

れんたいけい

日本語の活用形のうち、名詞を修飾することができるもの。


ラ行変格活用の場合は終止形の活用語尾が「り」とイ段音のため、聴覚推定の助動詞「なり」と視覚推定の助動詞「めり」をウ段音接続にする便宜の為にこの形が使われることがある。