一般

連帯責任

れんたいせきにん

複数の人間が、責任発生の直接の原因となる行為をしているか否かにかかわらず共同で同じ責任を負うこと。

フリーライド誘因に対抗し、不正の未然防止のための相互監視を促すシステムとして有効。

  1. 内閣が一体として国会に対して負う政治的な責任。
  2. 軍隊教育現場で見られた教育方法。本来は助け合いの幇助が期待されたが、実際には当事者がいじめられるだけの場合がほとんど。現代の教育現場では否定されているが、一部の時代錯誤的な教育者によりこの言葉が生き残っている、という意見が存在する。
  3. 「連帯責任」制は、古代の「大宝律令」から江戸時代の「五人組」や「切腹」行為まで日本史に多数見うけられる。