連隊

一般

連隊

れんたい

regiment(英)

聯隊に同じ。複数の大隊で編制される部隊。旅団もしくは師団の下に位置する。

欧州の軍制史的には各地に駐箚する上での基本となる部隊であり、それぞれが固有の部隊名*1と連隊旗を持っていた。基本的に兵士・将校は連隊単位で徴募・訓練され、原則として同一の連隊で勤務を終えることが常であった。連隊長は大佐colonelと呼ばれ、これは地方の名士でもあった。

軍組織の近代化・中央集権化と軍事技術の進歩に伴ってこの状況は変化し、今日では連隊は廃止されたり単なる中間指揮結節となっていることが多い。

*1:たとえば大隊は「第一大隊」みたいな単なる編制内の通し番号で呼ばれるが。これに対して連隊は、たとえば「第一連隊」はその国に一つしか存在しない