スマートフォン用の表示で見る

連用形

一般

連用形

れんようけい

日本語の活用形の中で、次の状態に繋げる役割を果たす役割を果たすもの。

したがって、動詞を修飾することができ、過去の助詞「た」「けり」に繋げることもできる。