スマートフォン用の表示で見る

呂凱

社会

呂凱

りょがい

中国三国時代の人物。字(あざな)は季平。永昌郡不韋県の人。戦国時代の秦(秦帝国の前身)の宰相呂不韋の子孫。子に呂祥。『三国志』に伝がある。

劉備の死後、益州南部(南中)で雍闓?が蜀(蜀漢)に対して反乱を起こすと、各地の郡の有力者のほとんどが同調したが、永昌郡だけが同調しなかった。呂凱は郡の役人にすぎなかったが、郡丞の王伉?と共に郡の民衆の力を結集し雍闓らの侵攻を跳ね除け、劉禅と丞相?諸葛亮に対して忠義を尽くした。

225年?諸葛亮が南征により雍闓らの勢力を一層すると、呂凱はその功績により新設の雲南郡の太守に任命された。しかし、諸葛亮が帰還すると、南中で反乱が再び起き、呂凱は殺害されてしまった。

三国志演義』では、諸葛亮に対して南蛮の地図である『平蛮指掌図』を提供する。

リスト::三国志関連