スマートフォン用の表示で見る

魯迅

読書

魯迅

ろじん

(1881-1936)中国文学者思想家浙江省出身。本名は周樹人、字(あざな)は予才。

日本に留学して医学を志したが、のち文学に転じた。「狂人日記」「阿 Q 正伝」など数々の小説や評論を発表して社会悪の根源をえぐりだした。中国左翼作家連盟の中心として各派と激しく論争を展開。

主な作品

  • 吶喊(狂人日記・孔乙己・薬・明日・小さな出来事・髪の話・から騒ぎ・故郷・阿Q正伝端午の節季・白光。兎と猫・あひるの喜劇・村芝居)
  • 彷徨(祝福・酒楼にて・幸福な家庭・石鹸・常夜灯・孤独者・傷逝など)
  • 故事新編(中国の故事が小説風に書いてあったと思う。)
  • 朝花夕拾(犬・猫・鼠・阿長と山海経二十四孝図・五猖会・無常百草園より三味書屋へ・父の病気・瑣記・藤野先生
  • 野草
  • ノラは家出してからどうなったか

関連