労災保険料

一般

労災保険料

ろうさいほけんりょう

国が運営しているもので、労働者労働災害事故などにより入院・通院・死亡などをしたときに、労働災害保険金として支払われるもの。事業内容によって、保険料率は変わってくる。また、事故が少なければメリット料率といわれる、若干の軽減措置を受けることができる。事故が起こらない年が続くほど、メリットが多くなり保険料が軽減される。