牢名主

一般

牢名主

ろうなぬし

日本の江戸時代に囚人の中から選ばれ、牢の長として牢内の取り締まりなどに当たった者のこと。