老人性痴呆症

一般

老人性痴呆症

ろうじんせいちほうしょう

脳血管障害痴呆症」と「アルツハイマー痴呆症」の二つのタイプに分かれる。

前者は脳に十分な血液が行き渡らず脳機能が低下する症状であり、

後者は脳器質そのものが萎縮して脳機能が低下する症状である。

いずれも記憶障害、精神障害、人格崩壊などをもたらす。