六ヶ所再処理工場

一般

六ヶ所再処理工場

ろっかしょさいしょりこうじょう

 使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し、核燃料サイクルを実現するために、日本原燃(株)が青森県六ヶ所村に建設中の再処理工場。

 原子力発電所で発電を終えた使用済み核燃料には、燃え残りのウランと新たに生み出されたプルトニウム、そして核分裂生成物(いわゆる「死の灰」)が含まれている。

 ガラス固化技術の確立、ガラス溶鉱炉の安定運転(炉内の耐火レンガが落下するという損傷事故あり)、環境汚染・人体への影響の懸念、高額な建設費、などが問題となっている。