スマートフォン用の表示で見る

六歌仙

キーワードの候補

2件

一般

六歌仙

ろっかせん

平安時代醍醐天皇の勅で紀貫之紀友則凡河内躬恒壬生忠岑らによって編纂された「古今和歌集」の巻末の真名序を紀淑望が、巻頭の仮名序を紀貫之が書いた。そしてその仮名序の中に『近き世にその名聞こえたる人』として挙げられた、在原業平小野小町僧正遍昭文屋康秀大伴黒主喜撰法師の六人のことを六歌仙と言う。古今集の中では六歌仙と呼ばれておらず、後世こう呼ぶようになった。

六歌仙

ろっかせん