六甲摩耶鉄道 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

地理

六甲山観光

ろっこうさんかんこう

六甲山観光株式会社は、兵庫県神戸市灘区ケーブルカー六甲ケーブル)と路線バス六甲山上循環バス)、および六甲山内の各施設(遊園地、博物館植物園)等を運営する会社。

阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道完全子会社であり、阪急阪神東宝グループに属する。

1923年10月14日設立

沿革

1922年10月24日、摩耶鋼索鉄道設立

1923年10月14日、六甲越有馬鉄道設立

1925年1月6日、摩耶鋼索鉄道が高尾駅(現在の摩耶ケーブル駅) - 摩耶駅(現在の虹駅)間を開業。

1932年3月10日、六甲越有馬鉄道が、土橋駅(現在の六甲ケーブル下駅) - 六甲山駅(現在の六甲山上駅)間を開業。同時に六甲山上循環バス運行開始。

1944年2月11日、摩耶鋼索鉄道は不要不急線として路線休止。翌年にかけて路線撤去

1944年2月11日、六甲越有馬鉄道は不要不急線として路線休止。路線は撤去されず。

1945年8月25日、六甲越有馬鉄道営業再開。

1955年5月7日、摩耶鋼索鉄道営業再開。

1975年10月29日、摩耶鋼索鉄道が六甲越有馬鉄道に吸収合併され、六甲摩耶鉄道に商号変更。

1995年1月17日、阪神・淡路大震災被災し、摩耶ケーブルは営業休止。

2000年4月25日、摩耶ケーブル神戸市都市整備公社(現 神戸すまいまちづくり公社)へ譲渡

2006年10月1日、阪急阪神ホールディングス発足に伴い、阪急阪神東宝グループの一員となる。

2013年10月1日、六甲摩耶鉄道は阪神総合レジャー?との合併により現社名に商号変更。